ホーム > 旅の果て日記

1月5日
曇。ヒゲ剃ってホテルオークラ、先輩諸氏と麻雀。このメンバー、50年続いている、当初は、千点10円賭けて、払えない者がいた。今、インフレルールになっているが、ヤリトリ大差なし、1,00pmより12時間で、200円の勝ち。平均年齢74歳、みな元気。ただ酒は極端に弱くなり、ゲームの進行、またおそい。元証券会社、大銀行役員、ドルを買ったらしい。


6日
2,00am帰宅、上弦の月鮮やか。9,00am起。アメリカで小型機ビルに突入。夕刻、木村三浩に、中東情勢レクチュア受ける。明日、可燃ゴミの日、星空の下、ゴミ整理、大袋に五つ。どうしてもセンイ製品を処理しかねる。段ボール箱もとっておく。習性というべし。果物で保ちの悪いのはイチゴと確認、イチゴに防腐剤はむりだろう。


7日
曇。7,00am、ゴミ出し。意外に少ない、当方五つが悪い感じ。下高井戸買物、魚屋と薬屋去年で店仕舞い。銀行で各種支払い。うな重食う3750円。文学界書く。


8日
晴。北の洋死去。昭和20年代後半、今の土俵には見られない、キビキビした相撲っぷり。二場所続けて、わが贔屓の朝潮を、網打ちで破った。まだTV受像器稀な時代、この場面、いずれも下北沢の街頭TVでみた、映画の帰り。5,00pm銀座「ヤマハホール」入り、新聞、TV局による日本ラグビーに「活!」だか「喝!」だか入れるフォーラム。宿沢、松尾など往年の名プレイヤーと会う。30分しゃべり、30分松尾と対談。500名ほどのお客、大半が中年以上の男。Wカップ以後、サッカーは衰退する、全国に造られたあの巨大なイレモノ、ラグビーに安く開放させりゃいいのだが。新潮45ゲラ。流行作家だった頃、連休をひかえた10日前後、3日くらい寝なかったが。


9日
快晴。不燃ゴミ出し。年明けて初めての生ゴミ、量が少なかったが、今日は山盛り。これは震災後仮設住宅のゴミ事情と似ている。即席、レトルト、中食いずれにしろプラスティック、発泡スチロール容器の食いものを召し上がっている。神戸の低賃金公営アパート、入居者の45%が高齢者、2年後65%になる、わが家周辺は逆、一戸建てに老夫婦、若者たちアパート、もっとも渋谷まで15分の郊外ながら、家賃は高い。倒産した大手スーパー、8割引のバーゲンに、客殺到。福袋では将棋倒しで怪我人、TVの見るも無惨醜悪な大食い競争、嘆く気もしない。文学界書く、これまででもっとも筆が進まない。初場所、十両以上9人が休場。協会は「構造」「土俵」「食事」「指導」改革しなければ、2年後、草相撲となり、国技館は格闘技にコヤ貸しとなる。


10日
快晴。水を撒く、梅かすかに莟み。
芝の中の雑草すでに春色。ボギーいよいよ耳が遠くなった感じ。仔猫元気。午後、歯医者へ出かけたが休診。ドゥで泳ぐ、25メートルで息切れ。沖へ向かってどこまでも泳ぎ、みれば陸はかなたにかすんでいた二十の夏をしみじみ思い出す。冬至から半月、日脚の伸びが判る、というか気づく。若い頃は、逆だった。この関係考えるうち眠。


11日
晴。無為。夜、永六輔夫人逝去を知る。亡ったのはこの6日とのこと。永の結婚式は45年前、麹町東京会館。前田武彦司会。披露宴の途中、妙な女が入れろとやってきて、必死に食いとめたら、日曜娯楽版時代の投稿仲間だった、昨日のことのように思い出す。お色直しで新郎新婦カジュアルな身なり、そのまま旅行に出かけた。娯楽本読んで暁方に至り、資源ゴミ出す。酒瓶少ない。


12日
5,00am眠、9,00am起。2,00pm眠、4,00pm起。9,00pm眠、12,00am起。無為浅眠。野鳥、犬、猫に餌与えただけ、ラグビー大学選手権試合、2,00pmからと判っていながら眠ってしまった。もはや何にしても徹夜は無理。小林亜星、桜井順よりtel。亜星検査入院、順は暮の、帯状疱疹で1週間入院後、シャッキリしないとのこと。深夜、当然寝つけず、文学界連載で苦しむ、1枚も書けぬまま13日、5,00am眠。


ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved