ホーム > 旅の果て日記

3月13日
5,00am起。7,30am迎えTV出演。12,00pm、東女医で肺検査、この判定はすぐ出て、異常ナシとのこと。暖い。病院屋上で入院患者多勢ひなたぼっこ。みなホームレス風身なり、病人ファッションの分野有望じゃないか。帰宅後、ボギー散歩、下高井戸買物、戸を閉めた魚屋、同業が入るとのこと。半加工、加工食品屋増えるばかり、加工食品に防腐剤は必須、防腐剤は基本的に、生物にとって毒物と、小学校で教えるべきだ。


14日
5,00am起。晴。ゴミ出し。「文壇」あとがき。少し不明な箇所があり、先日会食の、古い編集者にtelすると、よかったら伺うとのこと。四方山話のあげく、当方があんなに泥酔ばかりしていなければ、首尾のかなったであろう誰彼を並べる。「しかし、あれでよかったんですよ、あそこでヤッてちゃ、良い作品は生れなかったんじゃないかなあ」とのこと。べつに残念とも思わぬが―。少し昔をよみがえらせ、やはり惜しかったような気もする、眠。夢で、鈴木宗男、吉永小百合と泳いでいる、小百合様が宗男に笑いかけるのを、邪魔するうち目覚め、わが深層心理を考えるうち眠。


15日
7,00am起。小雨。1,00pm東女医。1週間前の心電図はふつうだったとのこと。血圧も動揺甚だしく心臓また同じ。ふつうならいずれの場合も自覚があるという。主治医考え込む。動揺、異常をもたらしめる、心身的要因いっさいなし。「アブノーマルといいますか」アブノーマル、直訳すりゃ変態、本邦においてこの語は、良いイメージじゃない。この歳でヘンタイっていわれても困ります。帰途、そうか、俺はヘンタイジジイなのだと、うれしくなった、皆さん、気を付けて下さい。心して女子高生の脚をながめたが、ヘンタイ的気分にはならなかった。夕刻、文芸対談、「オラァ、ヘンタイだ」の気迫で、先方を圧倒。ムネオもヘンタイになっちゃえば泣かなくてすんだろうに。


16日
曇。本来、TVタックル出演だが、心臓検査で辞退していた。ヘンタイなら出ていたところ。シャンソン歌手小海智子死亡の記事、50年近い前、「銀巴里」で一緒のステージ。木村三浩来訪、中東情勢につきレクチュア受ける。軽トレ、小説書いて眠。いざ書いてみると、所詮、思いつきのお話、あまりおもしろくない。書店平積みの類いよりはマシだが。


18日
7,00am起。晴。桜一輪咲いている。温室整理、満を持していた態の雑草、いっせいにトキの声、うっかりとりかゝると一日つぶれる。
「ヒトケタ」書き直し。どう考えてもヒトケタの頃の大人の方が、軍国主義下だか何だかにしろ、自分でモノを考えていた。ムネオにしろ、アメリカの勝手気ままぶりにしろ、みんないうこと同じ、はるかに今の方がファシズム。早くから、わが国はアメリカの植民地、属国、それでいいじゃないかと、書いたりしゃべったりしてきたが、間違っていたようにも思う。まず、食いもので自立する、失業者は帰農。そのために農協を解体。ODAの金を沖縄で使う、米軍基地を失くす。まったく、知識人たち、何も言わなくなった。アメリカのイラク制裁とやらに、抗議して当然だろう。夕刻、ボギー散歩、神田川沿いの桜五分咲き、その下に真白な雪柳満開。早朝の一輪の桜、散ってしまった。小説書く、「文壇」終えて、妙に筆はかどる。


19日
3,00am起。母の年金をたよりに生きる能無しの六十男、母が衰弱死、となると食えない。母が生きつゞける如く装うため知恵を絞る。「孤独死を逆手にとり、かつ現在の高齢者福祉について、警世の小説を書くつもりで想を練っていたら、アメリカによく似た設定の、これがテーマじゃないが、作品の在ることを知ってがっかり。近頃のTV天気予報、緊張感がない、予報なのに過去形を多用。2,00pm、スーパーへ買物。毎度のことながら自分を棚に上げていう、年寄りが多い、それにリストラ風男。いい趣味じゃないが、夕刻も含め、籠を観察。レジの不思議な美女いなくなった。サイード「戦争とプロバカンダ」読む、アラビア語の日刊紙に隔週掲載された文章、アメリカで、非戦論は発表し難くなっている。わが国はさらにひどい。5,00pm眠。8,00pm起。手紙4通書く。どうしても長くなり、計原稿用紙22枚。


20日
4,00am眠。7,00am起。不燃ゴミ出す。近頃、生ゴミより量が多くなった。晴、暖かい。ボギー散歩、入浴、清潔に目覚め、よく洗いよく磨く。2,00pm、自由ケ丘でしゃべる。雑誌「Voice」インタビュー、共同通信部長と国書刊行会島田と打合せ。7,00pm「野坂塾」しゃべることなし。終えて黒田征太郎と打合せ。一日中、眠い。


21日
7,00am起。晴。お彼岸中日。忘れているから思い出す。こっちはいつも死者が頭にある、ことさら墓詣りでもあるまい。昼近く風強く吹いて、庭の桜、萼付けたまま落ちる。折戸が頼んでくれた不整脈是正の煎じ薬届く、水の量、煮る時間、混ぜ方なかなか難しい。火鉢の炭火が要る。春の彼岸に火鉢の埃を払う。3,00pm眠、6,00pm起。昭和ヒトケタはついに難民世代と定めて書く。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved