ホーム > 旅の果て日記

3月22日
2,00am眠。9,00am起。曇。麹町文春へ寄ったついでに、清水谷のアルマーニ、ヴェルサーチひやかす。30年前、ここは水谷八重子の住いだった。唐物屋みな初夏の装い、今年は黒が流行りらしい。店員には似合うが客にはどうもの感じ。体を造らなきゃ無理。立派なトイレットだけ拝借。TVで、全国ラーメン店百選の2時間番組。行列2時間待ちの店もあるらしい。値段の紹介いっさいなし、中尾彬はどこにでも出て来るな。「賢所」かしこどころ、かくしどころと、小説に関わる妄想にふけりつゝ眠。


23日
曇。6,00am起。ニコまた発情風うるさい。老猫クララ、この冬つゝがなく過ごせたのは、うるさい仔猫2匹のおかげ。ボギーと少し走る、神田川沿い桜、大半は花を残している、昨日今日少し寒いせいか。1,00pmよりホテルで麻雀。われが最年少の只一つの集り。九連宝燈初めてテンパイにこぎつけ、一手遅れでのがす。


24日
3,00am帰宅、寒い。4,00am眠、8,00am起。4月末日締切、昭和20年夏の日記200枚の資料読みつゝ、眠ったり醒めたり。夕刻、草除り。入浴。食って寝る。8,00pm。


26日
5,00am起。小雨。寒い。去年も花の盛りに冷え込み、花が保った。今年、ことさら開花が早く、土、日の花見心配されていたが、火曜の今朝、満開のまま。東京新聞「大波小波」に、当節、「老残小説」を書くものがいなくなったとある。軽いあなどりをこめ、この分野を文字と為し得る1人に、わが名をあげている。書く気はある、考えるうち勃起。伝説のサッカー名プレイヤー、ペレがインポ治療のTVCMに出演しているが、長嶋茂雄を起用しているようなもの、そぐあない、だれがふさわしいか考えるうち眠。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved