ホーム > 旅の果て日記

3月27日
1,00am眠、7,00pm起。小雨、寒い。トイレットでおしるしほど、気が滅入る。この薬求めるのもカッコ悪い、腹筋、物置きからルームランナー出して試みる。入浴、そっと腹をもむ、硬化しているモノを温めてやわらかくする、そのやわらかくなった状態をつい頭に思い、気が滅入る。トム・クランシー新作B、C読むうち眠。3,00pm起。版元打合せ。断酒6ヶ月にしてビール、いちおう便秘解消の名目なり。土曜日、ラジオとTV出演、これまでの如く連続に至れば一大事、心してグラスに罐より注ぎうやうやしく飲む、実にかぐわしい香り、まさに五臓六腑解きほぐす感じ。たちまち6罐空ける、これが地獄の一丁目、クランシー読みつゝ眠。何時かは知らず、便秘解消。


28日

3,00am起。鳥骨鶏酢と紫蘇ジュースとフルーツムースを食べる、釘煮で茶漬け、おかき1袋、期限切れのヨーカン半棹、茶1リットルで酒気を払う。下剤としてのビールに止めるべく、気づけば晴天、名残の桜、朝空にとけ入る風情、ひとひらは空に桜の別れかな。雑草をむしり、サンドバック蹴飛ばし入浴。何もかもひっくるめて可燃ゴミに出し、8,30am眠、10,00am起。眠剤服用、クランシー読みつゝ眠るべく努める、起きていれば必ずビール。ここが運命の別れ道、どうなるか判らないが、現在日記を書いている。3,00am起。ぼんやり、この2日間届いた、ミニコミ各種読む。現在、ウヨクは親米、サヨクはナショナリズムに突っ走るらしい。以前からのことではあるが。顔を洗い、クリームを塗りたくる、老醜無惨の自覚日々募り、せめてもの抵抗。雑誌も読む、学者専門家みなバカばかり、10年前の常識を、さも新鋭の如く述べ、文芸方面ことに顕著。酒は抜けた、めでたし。


29日
10,00am眠、雨。2,00pm起、著しく睡眠不安定、目覚めて2時間ほど、自分では頭脳明晰のつもりなるも、以後、半醒半睡、この明晰な時間を家事、買物、散歩に費やす。鈴木宗男に始まったゴタゴタ、TVの国会中継、すべて、小泉の失政かくし、また、この陰ですゝめられている「悪法」成立カムフラージュ。30代バカボン、40代無能、50代成れの果て。そして60代の政治家が日本を滅ぼしつゝある。橋本、小渕、森、小泉をみよ。夕刻寝入る、本日何も食わず。





ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved