ホーム > 旅の果て日記

4月3日
12,30am起。不燃ゴミ集め、ついでに書斎整理、古本屋へ渡す本まとめる。入浴。どうも風呂好きの気持が判らない、ちっともおもしろくない。湯に顔をひたし、息止めの具合計る、まだ1分は十分つゞく。入浴中、幼猫2匹ずっとみている。晴、庭の雑草目ざわり、入浴後じゃもったいない感じだが、裸足で降り立ち手入れ。老猫クララも陽を浴びる。幼猫は家の中、出たがってしきりに鳴く。


5日
晴。渋谷愛知歯科。文春。対談拙著「文壇」について。席は、麹町の小料理屋、ここのお上とは45年来、われが駆出しコント作家から、ほゞタダで酒を飲んでいた。当時、民法ラジオ最盛期、何もかも丼勘定だった。しごくイキが良かった。お上とって77歳、かって魚河岸小町と謳われた。ぼくを、昔の名前、「アギちゃん」と呼ぶ。内田宜人「戦後より」読む。4歳上の方、ヒトケタについて教わること多大。クララ食欲なし。新入り2匹も暴れず、寄添っている。


6日
晴。6,00am起。葉桜の中に名残の花いくつか、ツツジ、モクレン鮮やか。草むしり、少し泳ぐ、貧しくなるばかりの体型、つい筋トレやりたくなるがひかえる。下高井戸買物、鮭4切れ1000円、カボチャ、ひじき、竹の子煮など950円、生レバーとニンニク1050円、もやし300円。アイスコーヒーは400円、こりゃ高いな。にしても、メリケンだった銀座日航ホテル裏、寿司屋が目立つ。人出は10時過ぎて、多い、大体男同士。


9日

4,00am起。薄曇。明けるのが早くなった。8,9月放送のNHK台本書く、小生が朗読。活舌の稽古も行う。血圧測定再開、かなり高い。医者予約。万遍なく養分摂取に少しあきて来たせいか、塩分に注意せず、散歩もおろそか、ふつうにしてりゃ良いのだが、つい注意する気持が潜在的に在り、これがストレスになる、とかく長生きは難しい。手紙3通400字詰めで13枚書いて、10日、4,00am眠。途中3度仮眠したが、けっこう体力はある。11,00am起、不燃ゴミ間に合わず、飯食ってまたうとうと。NHK書く、敗戦の日前後が中心、あらためて資料ひっぱり出し、昨日の如く鮮明な当時のあれこれよみがえり、すっかり鬱。健康食品だけで眠。


11日
5,00am起。大分、禁煙が身について来た。このところ、朝顔も洗い、歯を磨く、これが気になって、起きてまず一服がなくなった。この洗顔というやつ、実に面倒だ。水ははねちらかり、ついあたり拭き清めたりして。歯磨きはどうせのことならと、つい大袈裟、鏡に向えば髭も剃る、そしてつくづく老け顔にうんざり。床屋へ行く、若作りの短髪やめ、裾だけカット。床屋での注文、まず初めてのこと。40年行きつけなのだ。洋服屋は43年。43年間に体型変化なし、ただ背は2センチ縮んだ。夜に入り雨。9,00pm眠。


12日
4,00am起。薄曇。ヒトケタ、NHK、書く、混乱ますます激しくなる、そのせいか終日、眠い。TEL、FAX、来客なし。部屋、足の踏み場なく、日本間の布団に寝る。





ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved