ホーム > 旅の果て日記

1月18日
TV出演。ビートたけし、元日から3日間、日に8時間タップの練習に打込んだという、すでに5年目、ふくらはぎが異常に太くなっている。どこにいても、彼の周辺、孤独の翳。近づき難い。よくいう芸人の楽屋の姿とも違う。旧作改稿進まず。「ヒトケタ」3枚書いて暁きに至る。


19日
5,00am眠。時に目覚め雨音を聴く、雑文3種計23枚書かなきゃいけない、と思いつつ、夕刻まで呆然。2,3日歩かないと、足もと覚束ない感じ。外猫に餌やるうち、増えてきて7,8匹がねだる。旧年、出しそこねた資源ゴミ片付いたものの、書斎またムチャクチャ。資料として読むのはいいが、メモにまとめられない、どの本も付箋だらけ。夜、外国人、翻訳を含め5人、いずれも酒飲み、連中もほぼ子供の年頃、どこの国も出版界は不況じゃなく潰滅に近いらしい。お土産にわが自筆原稿プレゼント。くたびれ果て雑文書けず。衣裳を整理。本日4食。


20日
6,00am可燃ゴミを出して、庭にむなしくぶら下がっているサンドバックを蹴る。左フックとキック5発で息があがる。ボブサップは多分ボディーと足が弱いはず、何故これを責めないのか。サンドバックをボブサップに見立ててゼイゼイと息を切らせているうち、胸が苦しくなって廊下に座る。汗をかく程度の運動を勧められているが、かくまでにひえあがってしまう。

21日
本日より10日間ほど独身生活。とりあえず台所、玄関を片付け、書斎で本を読むうち眠くなる。起きて雑文計12枚書く。午後下高井戸へ買物、独り身になってみると、普段の食べ物より目移りして、刺し身、しゃぶしゃぶ用肉その他贅沢なものを買い込む。古本屋へ寄り、処分すべき数十冊を頼む。ここには大抵、主人と話し込んでいる客がいて、その話を聞いているとおもしろい。主人は多分60歳ぐらい、本についてはかなり詳しい様子。大回りして約8000歩あるいて帰宅。夜、刺し身で飯を食い、食った途端眠くなって眠。明日から沖縄。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved