ホーム > 旅の果て日記

11月13日
晴後曇。「文学界」書く。旧知の女流詩人半ば植物人間状態に至り、入院先きを探す。これから、この類いの患者とはいえない寝たきりが増える。対応策、日本政府にまったくない。


14日
晴。雑誌「PHP」米についての連載、といっても写真に添える短文書く。犬、猫の餌まとめ買い。18680円也。仔猫2匹のため、木登り風セットは探したら、34000円。止める。この2匹により、壁、襖、障子ボロボロ。老猫クララと新入り仔猫のつきあい方、ながめているとたしかに、気持は安らぐ。


15日
晴。少し寒い。BBCラジオ録音。ヨネクラで散髪。天一で天丼。


16日
曇。神田古本屋、ドゥ。本日、ホームページ開く。とり合えず挨拶だけ。


17日
曇。TVタックル出演。
18日から20日まで、「文学界」


21日
晴。日本音楽著作権協会評議委員会。議事進行、すべて国会の下手な猿真似。夜、「野坂塾」お客48名。性懲りもなく、日本滅亡を説き、危うく正しいテロを口にしかける。

22日
快晴。フランスのラジオ、われを1時間番組で特集のオンエア。夏、インタビューを延々受けた。聴きようがない。


23日
無為。娯楽本読み、庭手入れ、ヘチマ収穫。入浴。


24日
快晴。無為。本来、東大で唄うはず、中止。


25日
京都大学で講演。旧三高校舎。紅葉まっさかり、連休、どこもかしこも人だらけ。新幹線キャンセル待ちで、どうにか帰京。


26日
銀行各種支払い。住井すえの人生を描く映画出演、3分間。20年間、撮り続けていたのだそうだ。


27日
久しぶりで「昭和ヒトケタ」書く。この世代に属する連中、生れ年の違うそれぞれが、みな「割りを食った」と感じている。ヒトケタの精髄は、4,5,6年生れ。
木村より、中東関係資料もらう。西永福駅前商店の代替わりが激しい。桜上水は店じまいが目立つ。夜、ドゥで泳ぐ。




ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved