ホーム > 旅の果て日記

4月17日
薄晴。3,00am―7,00am眠。起きてストレッチ、軽い筋肉運動、散歩。ワカメ、ヒジキ、スジコ、鰯丸干し、大量のキャベツで飯を食う。庭を掃き草取り、かがめた腰、伸ばすと痛い、ドッコイショの声は出ず。1,00pm―3,00pm眠。原稿2種計10枚。ゲラ直し12枚。なんとなくよく働いた感じ。バグダッドの市民掠奪、治安悪化がいわれる。昭和20年暮あたりの日本の大都市状況、外から見りゃ同じじゃなかったか。掠奪だけはしようったって、何もなかった。やったのは軍関係者の、本土決戦用備蓄の数々、近頃、公表されたが、膨大な量。ま、法隆寺の仏様には手を出さなかったけどね。


18日
晴。本日の気温予測、6月上旬並みとか。朝、すべての窓開け放つ。6,30am、眠ったのが何時か不明なれど、気分爽快。原稿12枚書いて、東女医。検査じゃなく、近頃、医療方面の消息伺い。新型肺炎の話から、中国広東省一帯、ウィルス性癌発生、世界で最も顕著。日本列島亜熱帯化で、新型感染症流行が増えるらしい。かの肺炎の罹患者死亡率4%といわれていたのは、インフルエンザ初期に等しい。ただWHO、いつもノロマなわが厚生省のただならぬ対応ぶりで、騒ぎとなった。これは小生の邪推、アメリカの中国牽制じゃあるまいか。生物がらみは、「噂」も兵器となる、現に本土へ進出の外国工場、つぎつぎに休業。上海へ飛び火すりゃ、みてくれほど、衛生方面整備されてないから、おおごとになろう。本日、確かに暖かかったが、夜は例年並、はや金曜か。12,00am眠。本日よりアボガド、ナッツを食事に加えたり。


19日
薄晴。5,00am起。早朝ゴミ出しにおける脳卒中の怖れ、うすれる。つまり、今年の春は気まぐれで、時に寒へ戻った、外へ出てあわてて重ね着。桜散って以後、特に昨日など、どこか摂氏30度を超えた。ニューヨークの、1日にして零度から30度に較べりゃマシだが。それにしても松井プレイヤーの、デビュー当時の、あのホクロはどうしちゃったのか。午後、恒例の麻雀。平均年齢74歳、50年続いている、徹夜明けの朝刊で洞爺丸事故を確かめ、美空ひばりの死や、「なだしお」の衝突、いつもいやなことが起きる。現場での食事、皆さん鰻にステーキ、当方は持参の、自分なりに工夫した弁当。参考にしているのは丸元淑生の食いもの本。年寄り連中に軽蔑される、3,4年上はタフ。例によって収支ぴったり合ってゼロ。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved