ホーム > 旅の果て日記

4月24日
3,00am帰宅、昏睡。11,00am起。昨夜のIT成金について考える。まったく風采は上らず、余りしゃべらず、ただ、高価な酒を女たちに飲ませ、バッグの中からナニかを取り出し、気ままにプレゼント。こういう客が1週間に1人来れば、クラブはやっていけるとマダムの話。御当人、孤独というわけでも、バカはしゃぎ、また、誰かお目当てがいるようにも思えぬ。例えは悪いが、発作的殺人者に共通するものがある。いちおう原稿少し、ゲラ手入れ、庭の草むしり。7,00pm、五反田で、琵琶の会。半分寝ていた。この主催者、早稲田大学仏文科のいちおう同級生の娘。6月18日NHKホールでのコンサート、昨日より、チケット発売開始、売行き気になる。


25日
8,00am起。何をする気もなし。また手紙を書く。4,00pm、ホテルでフランス人と打合せ。わが生き方を、ドキュメントで撮る。これ足掛け2年、準備にずいぶん時間をかけている。フランスと日本の「文化」についての考え方、要するに、「国」だが、まるで違う。日本は、いやお上は、まったく「文化」をかえりみない、これが日本の致命傷になるだろう。つまり、その場凌ぎでしかない。「昭和文化」なんてあるか。3年がかりで、ぼくを追っかける、TVドキュメント番組、うなだれるしかない。いまの日本のテレビで、バカっぽい類いを除けば、人気番組、ほとんど向こうのパクり。


26日
5,00am起。連載原稿書き、ゲラ手入れ。TV出演。帰宅後、昏睡。11,00pm起、新聞を読む。アフガニスタン、イラクはどうなっているのか。俺は余計なお世話ばかりしているような気もするが、戦争を少し知っているから、マスメディアのあり方に腹が立つ。バグダッドの市民は何人死んだのか。アメリカ高官の、「フセインは、死んだか、生きているか、どっちかだ」なんてコメントを記事にしてどうする。ああ、イヤだイヤだ。


27日
9,00am起。わが散歩道、本当に1週間足らずで家並が変わる。それまでの目隠しのための塀が取っ払われると、壮大なマンション、閉店は承知だった2軒まとめて更地、玩具屋がコンビニ、とびとびの空き地まとめて駐車場、かわたれ刻など、まるで知らぬ横丁を往く感じ。ゲラ手入れ。この作業は気持を苛立たしめる、歯磨き、洗面台所掃除で心を静める。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved