ホーム > 旅の果て日記

12月28日
晴。庭仕事、温室片付け、物置き整理。渋谷で眼鏡と歯医者、これでフーゾクへおもむけば古式に則る―でもないか。紀伊国屋ホールでオークション。売上げは山谷、旧称カマに寄付、今やここで年越しできれば上の部。果てて後、悪所ぶらつく、表向きしごく平穏。表通りの若い男女2人連れ、いたるところで抱き合っている、形が悪い。あちこち整理中、一度は確かめた血縁関係の資料机辺に並べた、写真一葉手がかりに書きだす、暁に至る。


29日
昼まで寝て、TVタックル。


30日
晴。10,00am ニコを退院させる。見舞いに行って面会不可、当方持参のケージの中に入れられっ放しらい。猫格が変りかねない。
ニコは家へ戻ってすぐ長々と、かつ大量に排泄。そして大食い。いつも一緒にいたアル、ニコに対しよそよそしい、クララが「どこいってたんだ」風、気にしている。書斎、物置き整理。かえって、座る場所もない態たらく。ボギー散歩、家の近辺、門松、シメ飾りの家ほとんどなし。年の瀬ともなれば神田川の水澄んで、健康病の歩行姿なし。御町内に住民票のある未成年者、多分なし。去年、森。一昨年小淵、9,11を別にして、まだ明るい歳晩だった。いまや出口なし。


31日
晴。書斎片付けるというより、沖縄本島における米軍基地、アッチコッチ限られた空間を移動させて混乱するばかり。「昭和」の二文字入った本、グラフ、各種年鑑を含め千冊以上。入浴、垢一面に浮く。元気よみえったニコ、湯面に鼻近づけては激しく顔をふり立てる。衣裳一式抱いて東横線「桜木町」、タクシーで「クリフサイド」。9,00pmよりここで、クレイジーケンバンドゲストシンガー、2曲歌う。「クリフサイド」は昭和30年代前半、よく来た。「赤い靴」「根岸屋」「野毛山劇場」そして米軍基地。常に泥酔状態よく覚えていないが、占領時代が過ぎても、横浜と神戸には、はっきり進駐軍の靴跡、大衆が残っていた。トンネルを抜けるとクリフサイドのはずが、逆方向から来たらしく、降りたところは駐車場風、入口でまごつき、バンドリーダー、ケンさんの奥方に案内される。黒の別珍上衣に、グレーの皮パンツ、シークレットシューズに着替え、彼等の演奏中に乱入の形で参加。終えて、TV朝日までタクシー、料金高速代込みで14600円、所要時間35分。前後に車なく、後、2時間すれば初詣でのマイカーで混むらしい。この時刻、われはTV朝日「TVタックル」に録画で出演中。全日空ホテルへ入り、格闘技の中継を観る、何といおうがこの競技、真剣勝負なら双方、試合後1ヶ月は静養が必要だろう。ショウに徹したプロレスの方が楽しめる。


2002年1月1日
12,00am、TV朝日入り、1,30amから6,30amまで「生テレビ」出演。「TVタックル」では、まだ落選候補者と紹介される、この番組においては、「この方がいなければ年は明けない」ノサカアキユキ。立派に「明けさせてやる」べく勤める。どこへ行ってもまずわれが最年長、悠然とかまえてさしつかえない。7,00am元旦の賑わい騒然たるロビーを人掻き分け、ベッドに倒れ込む。1,00pm帰宅。あらたまの年立ちかえる初水に口を濯がず顔洗わず、書斎片付け鳥に餌、暮方はボギー散歩、女たちの酒宴をよそに寝入る。


2日
快晴。本日より軽トレーニング。TVで大学ラグビー準決勝、早慶戦と、大学駅伝交互に観る。いちおう早大贔屓には違いない。ビデオでフランス語。ピアノについては思案中、意外にこの稽古ごと時間をとられるだ。あれこれ考えつゝ、暮に届いた文芸誌読みふけって眠。娯楽雑誌よりおもしろいが、活気はない。6,00pm、年賀の客到来。10,00pmまでお茶とケーキでつき合い眠。客たち暁方まで飲み、あげく洋間に2人潰れた。


3日
快晴。新潮45書く。血圧128-78。生テレビについて反省するうち、これだけ「評論家」が続生する世に、「役所」「官僚」評論家がいないのは奇妙と思いつく。多分、その仕組み、人脈、利権、門、学閥など露わにすれば、殺されるのだろう。昔軍隊今官僚。構造改革はつまり、官僚機構ぶっ潰しに他ならぬ。それにしても小泉支持率7割とは解せない。軽トレーニング後、眠。


4日
3,00am起、新潮45書く。本日世間様仕事初め。とり合えず130余万円を1万ドルに替えると、野坂塾聴講者よりtel。ま、損はするまい。山陰、関ヶ原、名古屋、北陸大雪。東京は乾ききっていて、アルとニコ、絨毯に体こすりつけると、静電気パチパチ、猫びっくり。クララにはない。夜、文芸評論家、向井敏急死tel。心臓発作とのこと。まったく突然、発作後30分でアチラへ行ったらしい。大阪、昭和20年代後半の同人誌「エンピツ」を開高健、矢沢健一など創った。きわめて戦闘的評論家、われと同年。長女夫妻、孫二人来る、猫3匹、書斎へ避難。



ホーム > 旅の果て日記

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved