ホーム > 覚え帖

2002年5月

老いにふさわしい身だしなみに心して、顔を朝洗い、歯を磨き、1週間に1度は入浴、洗髪。とこれを身に課すと、身だしなみにとりかゝる前、少し延ばしにして、結局時間のムダ、まあ、やってはいるが。女は、実にマメだとよく判り、電車内の化粧にも反感はうすれた。

今年から、台風についての保険が始まるらしい。沖縄、九州は料金が高い。この保険について、台風襲来を予想、保険を掛ける向きがいるらしい。

「安楽死」の問題、どうして哲学、文学方面の知恵が働かないのか。宗教関係に求めても無理と判るが。唯一の神にすがれる者は、この点について、少し気楽。

食品について、法の規則を破ったことと、「不当表示」は明らかに違う。あまりに「論理」をふりかざすのはいけない。安い中国産のシジミをシジミ湖で獲れたと偽り安く売る、こんなの、売り手と買い手の駆け引きじゃないか、シジミ湖から、1日に何千トンもシジミが獲れるわけない、戦前、これは言葉のやりとりで行われ、買物について楽しみの一つだった。マケさせるのだってそう。

堰を開けてみたイサハヤだって、埋立て中止がようやく決ったシジミ湖だって、もともと農地拡大の目的だった。役所仕事はすごい、二千年来養ってきた美田、約三分の一を棄てる状況となっても、この10数年、続けているのだ。

敗戦後、ミソもクソも一緒くたに、役所は、書類を焼却処分した。ただ一つ、今に至るまできちんと保存されてあるのが、「軍籍簿」。戦後57年を経て、旧軍人最下級兵が、出生地の役所に請求すれば、20年9月半ばまでの、その方の軍歴、いわば履歴書が、書類として残っている。流れの断ち切られなかったのはこれだけ。のみならず、旧兵士の戦後についても半年間、監視していたらしい、無職の復員兵には、炭鉱で働くよう、しつこく勧誘があった。強制徴用の朝鮮人、中国、台湾人が帰国、人手不足のため。

初期に建設された、原子力発電所10数基は、耐用年数がギリギリ、アメリカ直輸入だから、ギクシャクしつゞけて来た。地震より大惨事をもたらす可能性はるかに高い。浜岡原発の事故は「水素爆発」だった。チェルノブイリに至る寸前。にもかゝわらず、お上は、耐用年数30年を、根拠もなく60年にしようとしている。



ホーム > 覚え帖

野坂昭如オフィシャルサイト nosakaakiyuki.com
(C)Akiyuki Nosaka. All Rights Reserved