日本の「ライトノベル」の一般的特徴

「ライトノベル」という言葉をご存知でしょうか?これは日本で生まれた文学の一種で、 ポップカルチャーの一形態です。ライトノベルは概して若い世代を対象としており、70年代に生まれました。

ファンタジーノベル、ヤングアダルトノベルといった名称もあります。しかし、その独特なストーリー展開により、読者からライトノベルと呼ばれるようになりました。今日では新たに「ラノベ」という名称で呼ばれ、ティーンやヤングアダルトのみならず、様々な年齢層の人々に愛読されています。

英語の「light(ライト)」という単語を使うことで、この手の小説は日常使いの言葉で書かれていて読みやすいという印象を与えようとしています。しかし、このジャンルは日本文学においても新しく、明確に定義された分野ではないことをご承知おきください。

ライトノベルの新たな動向

ライトノベルには他の小説にはないユニークな特徴があります。中学生や高校生といった若者向けに書かれているものが多く、愛、恋、冒険、SF、ファンタジーといった様々なジャンルを含んでいます。

表紙には多様な漫画のイラストが使われており、本文には会話文が多く含まれています。登場人物の大半が未成年です。

また、従来の文体よりも会話文が多く使われているため、読者は漫画と同じような感覚で、気軽に読み流す傾向にあるようです。イラストも多数使用されていて、登場人物や話の流れがわかりやすくなっています。ですから、小説を読むのは苦手、長編の本は苦痛、という人たちには最適だと言えます。

ライトノベルの作家

ライトノベルは読み捨て感覚で大量生産されるものとして知られています。作家もあまり知名度がなく、次から次へと機械的に出版する傾向があります。作家の中には、かなり極端な活動をしている人もいます。例えば、『とある魔術の禁書目録』の著者である鎌池和馬は、24ヶ月間毎月小説を出版しました。

著作活動がいかにストレスの多いものかを考えると、多くの作家が短命であるのも納得がいきます。運良くヒット作を出す作家もいれば、ライトノベルでは食べていけない作家もいます。

回転率が非常に高いため、ライトノベル業界は常に新しい作家たちに新しい本を書くように葉っぱをかけています。また、作家の中にはペーパーバックにかかる手間を嫌い、ウェブ出版に切り替える人も多くなっています。今は電子書籍が爆発的人気となっている上、作家たちも昔と比べてずっと早く本を作成することができるようになっているのです。